スタジオらびらば

2016年10月

スタジオらびらばのらばです。
今回の記事では「けもおね」について前回の続きとしてスキル習得についてお伝えします。



スキル。それは戦闘の要。
普通に殴り倒すには厄介な敵が現れたとき、
MPを消費してズバッと解決。被害を減らすことができます。
ScreenShot_2016_1020_19_57_14

ではそのスキル、どうやって覚えるのかといいますと。
答えは簡単。武器を装備すれば勝手に使えるようになるんです。
ScreenShot_2016_1020_19_57_58

探索していると拾える武器にはそれぞれ固有のスキルが付与されていて、
便利なものから一芸特化なもの、浪漫枠なものまで色々揃っています。

武器スキルは武器に依存するので、
別の武器に変えたらやっぱり別のスキルに変わります。

ということは。
使いたい武器とスキルが噛み合わない場面も出てくるでしょう。

そこでスキル習得
武器を持ったまま戦闘に勝利するとスキル習得率が上がっていく
ScreenShot_2016_1020_19_59_57

習得率が100%に達したスキルはスキルスロットにセットでき、
武器を変えてもそのまま使うことができるのです。
ScreenShot_2016_1020_20_01_11

ただしスキルを付け替えられるのはルナの小屋にいるとき、またはスキルを新しく覚えたときだけ
冒険に出かける前にどんなスキルを揃えていくかはよく考えていきましょう。

ところで奥さん、ルナの強化メニューにはスキルスロットを増やすものもあるんですってよ。
ScreenShot_2016_1020_20_16_45



これだけ色々と強くなれるならどんな敵が出てきても大丈夫そうですね。
次回、11/12の記事では冒険するエリアについてご紹介する予定です。
お楽しみに!

スタジオらびらばのらばです。
今回の記事では「けもおね」について前回の続きとなるプレイ内容をご紹介します。

ブログ記事1015用



森の脅威に立ち向かう主人公。
ルナはそんな彼に力を与えてくれますが……
これがそのメニュー!
ScreenShot_2016_1001_18_24_47

強化には対価、すなわち「エレメント」が必要になってきます。
1
↑コレ。 土・風・水・闇の4種類があります。

ではこのエレメントたち、どのように手に入れればいいのかというと。
ザックリいって「森で採れた食べ物を口にすれば増える」のです!

フィールドを進んでいると食材ゲットのチャンスがありまして。
ScreenShot_2016_1001_18_28_15

そのチャンスを掴めば森の食べ物がゲットできるのでした。
ScreenShot_2016_1001_18_28_19

でもゲットした食材、基本的には生では食べられません
ScreenShot_2016_1001_18_28_53 - コピー

ナマで食べられないのなら、小屋に持ち帰ってルナに料理してもらえばいいのです。
1つの食材から出来上がる料理は何通りかあるんだとか。
ScreenShot_2016_1001_18_29_34

するとこの通り。おいしくいただけるようになるのでした。
ScreenShot_2016_1001_18_30_10

おいしい!
ScreenShot_2016_1001_18_31_14

おいしく食べればエレメントが溜まり、エレメントが溜まれば主人公が強くなるというわけですね。
たーんとお食べ。
ScreenShot_2016_1001_18_32_18


なお、ときにはとんでもないものが出来上がってしまうこともあるようで。ScreenShot_2016_1002_09_02_02_2



さて、ここまでがルナから力を与えてもらう方法についてでした。
しかし主人公、自分で強くなる術も持っているのです。
次回、10/29の記事では武器スキルについてご紹介する予定です。
お楽しみに!

スタジオらびらばのらばです。
今回の記事では「けもおね」のプレイ内容をご紹介します。

ブログ記事1001用



主人公の目的は森に生える薬草を手に入れること。
薬草があるという《森の真層》にはいつでも挑戦できるのですが……
ScreenShot_2016_0923_17_31_36

この森、凶暴な獣たちが生息していて普通の人間ではとても太刀打ちできません。
ScreenShot_2016_0923_17_21_55

そこで主人公はルナの小屋を拠点として
ルナから力を分け与えてもらうことになります。

ScreenShot_2016_0923_17_33_52

しかしそれもタダではありません。
次回、10/15の記事では主人公の強化についてご紹介する予定です。
お楽しみに!

このページのトップヘ